Blog&column
ブログ・コラム

粗大ごみの種類には何があるの?

query_builder 2022/05/01
コラム
34
粗大ごみの種類にはどのようなものがあるのでしょうか。
普段あまり粗大ごみを出さないなら意識しないものですよね。
どのようなものが粗大ごみになるのか、さっそく見ていきましょう。

粗大ごみの種類
自治体によりルールは違いますが、以下のようなものは「粗大ごみ」として扱われます。

・ベッド
・布団
・マットレス
・机
・たんす
・電子レンジ
・ストーブ
・自転車

「45リットルのごみ袋に入らないものを粗大ごみ」としている自治体もあります。
回収に掛かる費用も自治体ごとに違うため、ホームページなどでルールをチェックしてみましょう。

■大量に粗大ごみを処分したい時は?
引っ越し・大掃除などで大量の粗大ごみが出ることもありますよね。
そんな時は不用品回収の業者相談してみましょう。
生前整理や遺品整理なども専門の業者が対応してくれます。
専門の業者依頼すると1つずつ処分する必要がなくなるため、手間を減らせて便利です。
対応可能な粗大ごみの種類については業者相談してみてくださいね。

▼まとめ
粗大ごみの種類にはさまざまなものがありますが、自治体により取り扱いや費用などには違いがあります。
まとめて大量に粗大ごみを処理するのなら、不用品回収の業者相談してみてくださいね。
鹿児島市に拠点を置く「エイト」では、鹿児島市内の不用品回収や遺品整理などのご依頼を承っております。
資格を持っており安心してご依頼いただけますので、粗大ごみの処分がありましたらぜひ遠慮なく弊社までご相談ください。

NEW

  • 一軒家の遺品整理気になる費用

    query_builder 2021/11/02
  • 大掃除の準備に必要なアイテムとは?

    query_builder 2022/05/15
  • 粗大ごみの種類には何があるの?

    query_builder 2022/05/01
  • 故人の形見を処分する方法とは?

    query_builder 2022/04/22
  • 形見と遺品の違いについて

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE